ご挨拶

学会長ご挨拶

第38回日本医用画像工学会大会は奈良先端科学技術大学院大学教授 佐藤嘉伸大会長の運営のもとで,2019年7月24日(水)から26日(金)の3日間,奈良春日野国際フォーラムにて開催されることになりました. 一年以上前から準備をされてきた大会関係者や事務局の皆様,そして企業の業務委員会の皆様のご尽力に厚く御礼申し上げます.

医用画像工学の領域においても人工知能(Artificial Intelligence: AI)は有力な技術となるため,診断支援,画像処理,画像再構成をはじめとして多くの応用研究が盛んに行われております. 今回の大会でも「AI時代の医用画像工学」というテーマで様々なアプローチでの研究が報告されることとなりますので大変楽しみです. また,特別講演では,今のAI時代の礎を築かれた福島邦彦先生のネオコグニトロンのご講演を拝聴できるのでとても期待しております. このようなAI技術と密接な関係があるのはビッグデータですが,国立情報学研究所(National Institute of Informatics: NII)では医療ビッグデータ研究センターを立ち上げ,国家レベルで匿名化された医療画像情報を収集して医療画像ビッグデータクラウド基盤の構築を始めています. このような最新の動向もシンポジウムの中で聞くことができるようになっていますので,医用画像データとAIの今後も俯瞰できるのではないかと期待しております. また,もう一つの特別講演では奈良県立医科大学学長の細井裕司先生から,医学とまちづくりをテーマとするお話もうかがえることになっており,新しい切り口の医学のあり方のご提案とも推察され,とても興味があります.

今回の大会では佐藤嘉伸大会長のご提案で,すべての一般演題において2分程度の口頭発表(ティーザー)とポスター発表の両方を行う事になっています. 今までのJAMITとは違った形式での発表となりますが,すべての研究論文の要点を聞くことができると共に,興味ある内容はポスターでじっくり議論できるという,いいとこ取りの斬新な試みも取り入れられています.

今大会の中では,上記のような企画の他,恒例となりましたハンズオンによるAI講習会をはじめとして,盛りだくさんの企画が用意されていますので,会員の皆様には実りの大きい大会となると思っております. この大会における皆様の活発な意見交換により,医用画像工学の研究が大きく進展することを期待しています.

日本医用画像工学会
会長 尾川 浩一(法政大学)

大会長ご挨拶

第38回日本医用画像工学会(JAMIT)大会を2019年7月24~26日に奈良にて開催させていただくことになりました. 大会のテーマは「AI時代の医用画像工学」としました.

AI(深層学習)は,もはや単なるブームでなく,AI以前の方法の性能を大幅に向上させる必要不可欠な技術として定着し,さらに発展を続けています. JAMIT大会では,2016年の千葉大会の頃から,AIが大会のメイントピックとなってきました. 医用画像を専門としない一般の方々からみても,医用画像診断は,自動運転などと並んで,AIの社会実装が最も期待される分野となっています. イメージングにおいても深層学習に基づく画像再構成,超解像,モダリティ変換など,その影響力は多大です.

本大会では,深層学習の基礎を与えたネオコグニトロンの開発で著名な,福島邦彦先生に,特別講演をしていただきます. シンポジウムでは,AIに関する大規模プロジェクト等の企画を検討しているところです. 例年,好評を博しております深層学習ハンズオンもさらに強化する予定です.

本学会は,医工連携,産学連携,医療ITなどとも密接に関係しております. 奈良において,それらに加えて,「まちづくり」という視点を加えた「医学を基礎とするまちづくり,Medicine-Based Town (MBT) 」のプロジェクトが進行しています. このプロジェクトを推進している奈良県立医大・学長の細井裕司先生に特別講演をしていただきます.

その他の話題については,多元計算解剖学の成果報告,4次元バイオ画像,深層学習を取り入れたイメージング研究等の皆様の関心の高い最新の話題も含めたいと考えております.

開催場所である奈良春日野国際フォーラムは,奈良観光にも大変便利な場所にあります. (なお,大会期間中は夏休みに入っており混雑が予想され,宿泊予約はお早めにお願いします. )奈良において,医用画像工学の将来と共に,奈良時代の歴史にも思いを馳せていただければと思います. 皆様と奈良でお会いできることを楽しみにしております.

第38回日本医用画像工学会大会
大会長 佐藤 嘉伸(奈良先端科学技術大学院大学)